責女目線(セメジョメセン)
記事の内容
*PREV | NEXT#

女の子の股間を作る、しかもいやらしく
2011/09/10 03:30

「紫さん、今度会いに行くときはおま○こ作っていきますね」

そう言ったのは美人淫乱女装子の愛原智子ちゃん。
まだ残暑厳しい夏の日に外で待ち合わせると、乳首が透けるうすいニットを着ていて、道行く男性にチラチラ見られていた。

「乳首透けてるけど・・・」
「いいの、男の娘だから」

街中で堂々とエロを振りまく智子である。
画像

ホテルにチェックインした。

「そうそう、おま○こ作ってきたんでしょ?」
「うん。だからね、ちょっと座りづらいの。」
「座りづらい?」

智子はもぞもぞしながらソファに浅く腰掛けている。

「まあいいや、ちょっとスカートをめくってみせてみてよ。」
「うん、こんな感じ・・・」

画像 画像

見事にしまわれて、割れ目ができている。しかもパイパン。


【タック(tuck)】という、女装家にはメジャーな、女性の股間を作る方法がある。
玉の皮の中にすべてを入れ込んでテープで貼ってしまうという方法が主流らしい。
これは以前、やはり本格女装を行う女装子ちゃんから教わった。
(参考サイト>>女の子の股間を作る


「タックだね?上手に割れ目もできていて・・・」
「うん。でも智子のはちょっと違うの。」
「?」

智子は立ち上がってスカートをまくった。
すると、ちょっと何かが出ている。
画像

「何か出ているよ?なにこれ、ペニクリ?」
「そう。智子のおま○こからはちょっとペニクリが出てるの。だって全部しまっちゃったらもったいないでしょ、感じるところを出しておかないと。」

さすが、美人なのに淫乱。
キレイに女性の股間を作るのが智子の目的ではない。
美しさだけを追求するんじゃないのが智子のすごいところだと思う。

ちょっとだけペニクリが出ている、というその股間は、男のものとも女のものとも思えないような、ちょと異様な形をしていた。
ペニスを後ろに折り曲げて少しだけ頭を出した状態で、玉の皮で包んでいるようだ。

「だからソファに上手く腰掛けられなくて・・・」
「じゃあ上手に腰掛けてみて。そして足を開いてよく見せてよ。私こんな女装子ちゃんのおま○こ見たことないから。智子の、良く見せて。」
「見られると感じちゃうの・・・」
智子は少し嬉しそうに脚を開いた。
画像


ぱつぱつのストッキングを履き、股間のマチの部分だけを切り取って、そこからペニクリを出している。
画像
とにかく、異様で、すごく卑猥だった。

見ているとどんどん膨らんでくるし、先から何か出てくる。
おま○この土手自体が大きく膨らんでくる。

「そんなに見るから・・・」
人のせいにしてる。
上目遣いをして、M女の振りして誘う女装子。

ようし、誘いにのってやろうじゃないのよ。
いくよ、智子。

〜〜〜

☆智子ちゃんからのアドバイス
「あたしはおま○こを作るのにニチバン防水フィルムを使っています。ドラッグストアで買えるはずです。伸縮します。」

わたくし紫、まだタックを作ってあげたことがありません。
誰か試してみますか?
私やってみたい。
材料持参してもらえると助かります。


*PREV | NEXT#

BlogTOP

ログイン

地域別出会人妻H写メ
不倫交際タダまんセフレ


Powered by FC2 Blog