FC2ブログ
あの女王様も釣り師だった
昨日はS3ビルのスタッフ、アマルコルド、ルドンジョンの女王様、お客さんたちと総勢8名で釣りに行きました。


こんな沢山の人とみんなで釣りは初めて。

漆黒のビーナスの女王様、ルドンジョンにもいらっしゃる凛子さん、胴の間で大きな声で歓声を上げ楽しそうでした。
普段の笑顔でいっぱいの凛子さんは、小泉今日子さんにクリソツなんですねー(^^)

シオラにも在籍、ルドンジョンのママでもあるみずち涼さん、走るワラサと格闘し見事ゲット。
すごいです、羨ましい!

さらに羨ましいのは船酔いしてるのに本日のターゲット、真鯛の1.2キロの良型をしっかり釣ったS3スタッフAくん!
釣って嬉しい、食べて美味しいサイズ、羨ましかったなあ~。
おめでとうございました(^^)

私も一応本命もゲットしぼちぼち数だけは釣ったんだけど、せっかくミヨシ(船の先端)をもらったのに、もうちょっと頑張らなきゃいけなかったなあ(⌒-⌒; )

意外に近いところで釣りをする女王様っていたんですねー。楽しかったです。
参加された皆さんお疲れ様でした!


なんとなく真鯛とイナダ(ハマチ)のお刺身。
捌くのもだんだん慣れてきたかな。
【2012/05/21 09:35】 | 釣り | page top↑
釣り奴隷になりたいアダモちゃんの修行記録1
ブログには逐一書いてないですが、最近もちょこちょこ釣りには行っています。

先日もアダモちゃんを連れて東京湾の釣り船に釣りに行きました。
目的は釣り半分、半分は釣り奴隷としての修行をさせることです。
adamoturi2.jpg

私は基本的には釣行経験豊富な方とご一緒させて頂きます。
そういった方は奴隷よりも何十倍も気を利かせてくれるし、面倒見てくれるし、船上や釣り場で私の分の魚の血抜きや下処理をしてくれたりもして、本当に助かっています。

一般の方がこれだけしてくれるのに、なぜM男ができない!?!

お正月、磯から転げ落ちて手を剥離骨折したときも、アダモちゃんが一緒だったわけですよ。
全然働けてないから私が自分で動いて、それで怪我したんです。
本当に使えないでしょ!?

ま、でも本人が心を入れ替えて頑張りたいっていうんで、じゃあ都合いいときねって言って、それからだいぶ経って先日の釣行になったわけです。


まず荷物持ち。
自分の荷物プラス私のクーラーボックスや荷物一式、、、釣りに行ったことある方はわかると思いますが、一人分でもかなりの量の荷物です。
それを二人分持っての乗船。

デパートで両手いっぱい買い物させられた男みたいな図になっています。
私はその前を手ぶらで颯爽と歩いて乗船します。
釣り船の船長は空気を察したのか「こっちです」というだけで手伝いません(笑)。

更に、他の船の船長がそれを見て口をパクパクさせています。
どうやら「マゾ?マゾ?」と言っている模様。
私の船の船長が苦笑しながら黙って頷いています。

一発でバレバレです(笑)。


しかし、天然でKYキャラのアダモちゃん。
そんな空気は全く感じず、むしろ嬉しいのか、船長に謎なことを話しかけています。

「女性は乗船料安くなるんですね。そしたら自分、今度から女装してこようかなあ?それじゃダメですか?
顔はアレですけど、後ろから見たらおしりとかけっこういけるんですよ。
船の上は風がでるから、スカートめくれて見えちゃいますね!!」

嬉々として語るアダモちゃんに、船長表情変えず一言。

「・・・海に落とすよ」

船上で1番敵にまわしてはいけない人を敵にまわしてしまった瞬間でした。


それから、私が釣れない時間帯にポツポツ釣りやがって
「紫さま!もっと底の方を狙わないと!」
と私より経験ないくせに分かったような助言をして私をイライラさせたり、
糸出しすぎて他人と糸を絡ませてしまったり(オマツリといいます)と
随所にKYキャラを如何なく発揮させていました。


私が必ず覚えて欲しいことの一つに「魚の下処理」がありました。
魚が釣れてこない時間や移動中にさっさと内蔵を取り去って、帰船した際にはもう下処理が終わってるという慣れた方たちの行動に感動していたので、是非ともそれをやって欲しいと。
釣りも終わり港に帰ることになったので、その修行の始まりです。

「紫さま、100均で買った包丁でもいいですかねえ?アハッアハッ」
とか言ってるのを聞こえたのか聞こえなかったのか、船長が黙って小さい出刃包丁とまな板をどこかから出してきてアダモちゃんの前に置いていました。
それから「寒いから君はこっちに入ってなよ」と私を操舵室に入れてくれました。
この船長、かなりSMが分かっている模様。

ちょうど操舵室から見下げるようにアダモちゃんが下処理をしているのが観察できます。
adamosyugyou1.jpg
しかしその手つきの危ないこと!!

「あ~もういいよ、内臓はいいから、ウロコだけでいいよ!ちっちゃい魚が面倒だから、それだけやって!」
上から指示。

船長「ねえ、彼、ペットボトル何本も並べてるけど、あれ何?」
紫「ああ、、魚や道具洗うために持参したんじゃないですか?」
船長「あ、そう。魚洗うのは海水がいいんだけどなあ。真水じゃあ、、、」

両手いっぱいにして運んだ本人のものの大半は無駄なものだったようです。

紫「魚洗うの海水がいいんだってー」
と聞いたアダモちゃん、全速力で走ってる船からバケツを投げて海水をくもうとして怒られていました(笑)。

まあそんあこんなで中途半端な仕事をして下船。

下船後釣った魚を数えたり写真撮ったりしていると船宿の女将さんがやってきました。
「釣れましたか?良かったらご一緒に写真お撮りしましょうか、、、あ、いいですかね」
二人の関係を察したのか、女将さんにも空気を読んでいただいたようです(笑)

「やっぱ紫さまと一緒だと楽しいですねーー!」
終始ご機嫌な天然マゾに、私は苦笑するしかない一日でした。


釣り後にアダモちゃんからメールが来ました。
----------
次からは、ずーっと本番です。
進化しているところを見てて下さい!

むらさき様の期待にこたえたいですし、がっかりさせたくありません。
自分が鈍感なところもあり今まで気がつかなかったとこもあったりで…
頑張ります!

次回、また仕事と言うことを忘れずに行こうと思います。


あと提案なのですが、
プライベートでお会いするときは、
これから
「社長」
と呼ばせて頂いてもよろしいでしょうか?

メリハリを付けたほうが「仕事」と脳裏にも認識が出来ますし、
ノーマルの方の目もございますから。

社長でしたら自分がやってる行動もまわりから見たら自然かと思います。
----------

・・・・・・。

一言、
「社長はおかしいのでやめて下さい」
と返信しました。


どこまでも天然KYなマゾ、アダモちゃんがものになる日は、果たしてやってくるんでしょうか。
・・・もう、トレーニングする方も大変よ!
【2012/03/28 10:01】 | 釣り | page top↑
初釣り


初釣り、早速行ってきました。

忍さんとそのお友達、女子三人でタチウオ釣りです。

東京湾のタチウオ船は大体観音崎沖というポイントにみんな集まるので大船団になります。
各地から船が集まり何となく華やかな気分になります。

しかしながら寒さと釣果は厳しいものでした。
さすが真冬の海です!


貴重な初釣りのお魚は冬のタチウオらしく巨大、そして脂ノリノリですごく美味しかったです。


私的には苦手な船酔いも大丈夫で、凪の海で最後まで竿を出せたっていうのが何よりでした。
いい初釣りになりました。


忍さん、Yさんお疲れさまでした。
またご一緒しましょう!
【2012/01/03 11:28】 | 釣り | page top↑
久々の釣り(三浦半島シロギス)

ツイッターのフォロワーの釣り師さんたちと、久々に釣りに行ってきました(^^)



船で沖に出ての釣りじゃなくおかっぱりからの釣りは本当に久しぶり。
中でもサーフのシロギス釣りは大好きです。
砂浜から海を見ながらえいやと竿を降るのは最高ですよ。
特に今日はお天気も良くて気持ち良かったです。




今日は新鮮なので生で。
シロギスの糸造り。

初めてやってみたけど、こんな感じで良かったかな?
明日はシロギスの天ぷらをやろうと思います(^^)
【2011/11/14 00:16】 | 釣り | page top↑
初の船上リバース敢行
先日、伊東に久しぶりに釣りに行ってきました。
一月ぶりくらいで、これから渡欧やもろもろあるので今後一ヶ月以上は釣りに行けないでしょう。
なので釣行をとても楽しみにしていました。

時々同行して下さる沖釣り師Cさんのおすすめは
「伊豆に行くならアカムツ。沖釣りの中で、今まで一番美味しかった魚はダントツでアカムツ。」
おすすめ通り予約していたのですが、前日に確認の電話をかけると
「実は今日も出られなかった。北東の風が強くて、出ても釣りにならない」とのことで出船中止に。

東京は台風一過でとても天気が良かったのに、伊豆の海上は荒れてるって?!
信じられない・・・でも船長も言うことは絶対。
あわてて違う船を捜して、どうにか出られという、こちらもツイッターのフォロワーさんおすすめの真鯛釣りができる船を予約することができました。


翌朝、キレイな朝焼け・・・(^^)
100690956_v1317087650.jpg


しかし、ちょっとすると雲行きも怪しく、風も強く、波もありうねりもある海に気がつきました。
アカムツの船の船長さんの言うとおり、今日の海のコンディションは良くありません。
R0016685.jpg


やる気はあるのですが、乗ってすぐ「あれ・・・?」と違和感というか不調を感じました。
R0016686.jpg
不安そうな顔でしょ?
そう、私、めちゃくちゃ船に弱いんです。


・・・はい、ここからは絶不調のため画像がありません(^^;)。

自分至上1,2を争う船酔い。
「だ、、、だめかもしれません・・・」
という私に、

若くて優しい村正丸船長の
「大丈夫と思えば大丈夫だよ!」
「ほら、がんばって!!」
という励ましの中、とりあえず仕掛けは投入します。

これが辛いことに、魚がかかるのです(笑)。
恐るべし伊豆の魚影の濃さ。

そして
「○○さん、たな(海中での仕掛けの投入位置のこと)、あと1M上げて!」
と指名制で全員のたな取りをチェックする恐るべし船長の意欲。
船酔いしていようと、釣らす気満々です。

今まで船酔いしたらその日は勝負あり。TKO負けでした。
しかし今日は船酔いしているのに釣れるという新しい拷問パターン(笑)!!


釣った魚をしばらく海水の中で泳がせたあと、クーラーボックスに移動させます。
大バケツの中にも魚がたまってきたので、クーラーに移動させようと下を向いた、そのときでした。


「おろろろろ~~~!!!」


・・・。
「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「細かすぎて伝わらないモノマネ」というコーナーご存知ですか。
あの中に出てくる「リアルに吐く人のモノマネ」。
私はあれをスローモーションのように思い出していました。

朝食べたきゅうりスティックを感じながら、10年ぶりくらいに、そして、船上でははじめて、ろーげーきーはーしてしまいました。

ああ・・・。


・・・しかし、魚と船長は待ってくれません!!
船長の熱血指導のもとコンスタントに釣れ続け、ようやく沖上がり。
100711005_v1317084054.jpg


なんか、すごい釣れてしまいました。
いや、正しくは、釣らせていただきました。
100711782_v1317076820.jpg


私の釣果はマダイ7匹(23~37cm)、他にゲストでアジ(30cm)、カイワリ、イトヨリ、ソウダガツオ。
写真はちょっと頂いた分も混じってますが、ほぼ私が釣った分だと思います。
100799379_v1317127239.jpg


真鯛がこんなにたくさんなんてとっても贅沢♪
100874244_v1317181211.jpg 100882669_v1317170424.jpg

捌いて料理してみました。
喉元通れば熱さも忘れる(^^)!!
101018541_org_v1317181206.jpg 101022813_org_v1317181205.jpg

大変な釣行でしたが、船長さんはじめみなさんにお世話になり、たくさんのマダイくんたちに会うことができました。


でも、ほんと、おろろ~~は勘弁です。
どうしたら船酔い強くなるんでしょうね。
【2011/09/28 14:10】 | 釣り | page top↑
8/17私信 あだもちゃんはお仕置きだ
アダモちゃんへ

せっかく、1日よくやったと思ってたのに、

えっ?なに?
「サービスエリアで実はオナニーしました、すみません!」
ですって!?!


何、じゃあたこ焼きのタコだけ与えられて地べたで食べさせられて、
それで興奮して、しれっとトイレでオナニーしてたわけ?!

私あの時けっこう待ってたんだけど!


女王様待たせて勝手にオナニーってどういうこと!?


・・・信じられん。
お仕置きだな。


早目に予約を入れるように。
その際、打撲やアザに効く塗り薬を持参のこと。

いいね。
【2011/08/17 17:12】 | 釣り | page top↑
釣行サイドストーリー ~ドライバー奴隷の一日~
先日の釣りは伊豆まで行きました。

行きは夜中ですが、それでも何だかんだで5時間。
帰りはお盆の渋滞もあって7時間くらいかかりました。

伊豆は下道をずっと走って行くので、けっこう時間がかかります。
いままでは釣りの師匠に連れていってもらってたんですが、釣りで面倒みてもらう上に行き帰りもお世話になっちゃって、悪いなあと思っていたんです。

せめて行き帰りはドライバー奴隷に運転させて、うちまで来てもらうような迷惑はかけてはならない。
でもうちから伊豆の往復はかなりの距離になるからなあ・・・と思っていたら
「どんなに長距離でも車の運転は全く苦になりません!」というマゾが。

あのアダモちゃんです。
PA0_0040.jpg
ようし、それなら頑張ってもらおうか!とドライバー奴隷に任命しました。

アダモちゃんは少し遠くに住んでいて、東京に出てくるまでに車で2時間くらいかかるはずなんですが、それでも1日へばらず、おお、なかなかやるじゃないかと思っていました。

そんなアダモちゃんからから「帰ったあと6回オナニーした」というどうでもいい報告が来ました(笑)。
私は普通に働いてもらったつもりだったんですが、アダモちゃんみたいなマゾには奴隷業はなかなか性に合っていたようで。

~~~
あだもより

昨日はお疲れ様でございました。
磯まで行って釣りもさせてもらえず、ウロコ取りだけのために着いていく。。
使いっぱしりのドマゾには最高シチュエーション!!
家で頂いた魚のウロコ取ってたときに妄想してたら興奮してしまいまして2度ほど中断し、
オ・オナニーを、あ、あの、してしまいまして・・・

また、帰りの足柄サービスエリアのたこ焼き、温泉上がりのむらさき様の振る舞いで興奮してしまいまして・・・
4回ほど・・・今日だけで計6回。

聞きたくもないご報告、大変申し訳ございませんでした。
~~~


・・・そうそう。

伊豆は行きも大変だけど、いつも帰りにすごく時間がかかるから、釣っている間の時間・・・まあ待機時間は10時間はあるんだけど、そこは適当に寝たり休んだりしてもらって帰りの運転に備えてもらおうと思っていたの。

そうしたら、途中下車して一緒にコマセ作りをしているときに師匠が
「もしアダモちゃんが待っている間暇だったら、この近所に通称“キャバクラ海岸”ていわれている楽しい海岸があるから、そこに行ったらどうかな?まずはビーチでパラソルとサマーベッドを借りてね。そうすると女の子がビールを売りに来たりするわけよ。そういう子たちを冷やかして、結構一日遊べるんだよね!」
と教えてくれました。

コマセエサを作り終えて車に戻ってアダモちゃんにそのことを教えてあげると、
「あー・・・。それはノーマルの方のご意見ですね。やっぱり自分はマゾなんで、そういうのは逆に疲れてしまうんですよね。」
とか言う。

「あー。そっかー。
磯釣りは難易度高いし、磯に行くだけでも渡船を使ったり、スパイクやライフジャケットも必須で大変だから、マゾの面倒まで見れないし面倒くさいから今日は置いていくけど、今度は仕事を与えようか?

釣った魚のうろこ取ったりエラ取ったり、帰ってからの下処理を釣り場でやってもらえたら楽だから、今度からうろこ取るためだけに磯まで来たらいいよ。ライジャケとスパイク買ってね。釣りはしなくていいよ。難しいから。
だから、午前中は寝てていいよ。
ただし磯は岩場だからゴツゴツしてるけど。
寝ないとまずいでしょ?帰りもあるから。
途中のサービスエリアで睡眠休憩なんていやだから。魚釣ったら早く帰りたいから。
だからゴツゴツしてる岩場で午前中は寝て、午後2時間くらいで釣った魚のウロコ取ってくれたらいいから。
それがいいんじゃない?」

と、アドバイスしてあげました。

「はい、その方がいいです」とアダモちゃん。
奴隷はやっぱり仕事があった方がいいね。
次回は渡船できる装備とウロコ取りを用意してきてもらおう。


それから・・・そう、帰りね。
一汗流してから帰ろうと、下田の日帰り温泉に立ち寄りました。
(・金谷旅館、千人風呂←なんと一部混浴!)

「じゃあ30分後にロビーで待ち合わせる?」
「ハイ、じゃあ女性風呂の入り口のところでお待ちします」
とお風呂に入りにいったんだけど、女子はやはりあれこれと時間がかかる。
お風呂から出ても化粧水をつけたり、髪を乾かしたりで時間がかかるのです。
とてもじゃないけど30分では出られない。

ずっと待たせておくか?

とも思ったけど、アダモちゃんは「今日は猛暑だしお風呂場で倒れてるかも?!」と本気で心配しかねないキャラ。

一応一声かけにいくか・・・、でもバスタオル一枚体に巻いてれば仕事が終わるっていうのにいちいち着替えないと外に出られないなんて面倒くさいなあー・・・なんで奴隷のためにわざわざ服着て外出なきゃいけないんだよ(イラ)・・・ガラガラガラ・・・なんだよ、女風呂の前にいるって言ったのにいないじゃんかよ、どこだよ(イラッ)、・・・あ、あそこで新聞なんか読んでくつろいでやがる(イライラッ)、ていうか、ここのお客さんは若いカップルが多いな、てことはもしかして私たちもそんな風に勘違いされてるの?うわやだっ、絶対有り得ない(イライライラッ)、でもあんまり冷たくしたら逆に周りの人に変な目で見られるな、まったく・・・

アダモちゃんの前まで歩み寄って、正座しながら新聞読んでるアダモちゃんの前に仁王立ちになり、苛立ちを押し殺しながら一言だけ言いました。

「髪 乾かすから あと 10分 待って」

言葉だけ取ると普通の一言ですが、この一言に何かを感じ取ったアダモちゃんは、サンダルをかかえて玄関前で待ち、私が出るときにサッとサンダルを私の前に揃えて出しました。

帰りの車で聞いた話によると、自分が正座していたことと、私から殺気を感じたことから、何気ない一言でも罵倒されているような錯覚に陥り勃起してしまい(笑!)思わず玄関で跪いてサンダルを差し出してしまったとのことです。

なかなか、察する感度が高いわよね。


あと帰りのサービスエリアね。
私がベンチに座って、アダモちゃんがベンチをテーブルにするような格好で私の足の下の地べたに座って、一緒にたこ焼き食べたのよね。
110815_0358~39
私がたこ焼きの大部分。アダモちゃんには中身のタコだけあげたの。
たこ焼きで一番いい部分じゃないのねえ、タコ。
優しいわ、私。


そうやって、一日働いてもらいました。
それでうちに帰って、思い出して6回もオナニーなんてすごいわねー。
なんかこの他にも、一日の奴隷ワークを通して細かく勃起してたらしいのよね。
ホント幸せな体質よね。また働いてもらわないとね!

また頼むねー。
【2011/08/15 04:05】 | 釣り | page top↑
伊豆で磯釣り


久しぶりの磯釣りでした。

磯でいつも会うメジナに加え、今が旬だというイサキ、それからカワハギ、ワカシ(ブリの子供)も混ざりました。
(あげちゃったので画像にはないけど。)


磯の上に1日立っているのも大変ですが、行き帰りもなかなかハードな磯釣り。
夜11時に出て、帰宅も翌夜11時でした(笑)。
でもまた行ってしまうのは、釣りをしてるな~!っていう実感をひしひし感じるから。

釣りをはじめてちょうど一年ですが、磯は大変だけどやはり面白いです。
【2011/08/13 14:25】 | 釣り | page top↑
本日の釣魚料理~沖縄バージョン
今日は沖縄で釣ったグルクンを料理しました。

グルクンの甘酢あんかけ。


骨やアラが残ったので出汁を取りました。
グルクンあら出汁のあおさ茶漬。
石垣島産の酸っぱいローゼルの漬物を添えて。
さすが沖縄のアーサとグルクン出汁、すごく合う!


魚は関係ないけど沖縄のお茶「さんぴん茶」でしめ。
さんぴん茶とはジャスミン茶のことです。
カップはタイで買ったもの。
独特の柄でしょ。


魚はキャッチ&イートがモットーです。
きっちり食べないと釣れてきた魚に申し訳がない。

魚が気になるだけで、料理は特に好きではないんですよ。


いぇい。
IMG_0046.jpg
↑これは黒鯛。正式には南洋チヌと言ったりするらしい。
これも焼いたりすり潰して冷汁にしたりしてみました。
【2011/07/18 23:03】 | 釣り | page top↑
SM釣り部に新入部員
先日のお休みの日に、冬の渡欧・大震災後からずーーっと行けてなかった釣りに、念願かなって行くことができました。

そしてこの日、ついに前々からSM釣り部に入部を申し入れていたラシオラベビードミナの雪さんが沖釣りデビューしました(^^)!おめでとう、ようこそ海へ!
PA0_0068.jpg


3~4ヶ月ぶりの釣りで、ずっと行きたかったけど行けなかったので、うずうずしていました。
久しぶりの沖での一投目、かかったのは・・・
PA0_0065.jpg
タイ!
なんと真鯛!!
これには船中がいきなり沸き立ちました。
実は船酔いするため船釣りが苦手な私。トラウマになるぐらい酔うこと数回。
これは今までの釣りにいけなかったストレスや船釣りで何度もKOされた借りを一発で返すくらいのインパクトがありました。
今日はツイてるという予感がビンビンします。


天気も、暑くもなく寒くもない。海も年に何度あるだろうか?ってくらいベタ凪。
ものすごくいいコンディションで気持ちよく釣れました。
PA0_0069.jpg


午前中のうちにマダイ、アジ、サバ、シロギス、ワカシ(ぶりの子供)の5種類の魚を揃え五目達成。
そして午後1時半に沖上がりするころにはクーラー満タンになっていました。大漁です!
R0016153.jpg PA0_0071.jpg
釣果:ゴマサバ9 ワカシ3 シロギス1 カタクチイワシ1 マアジ23 マダイ1


しかし、大漁のあとはその後が大変。
私は「修行」と呼んでいるのですが、魚の捌き・調理の時間が待っています。
せっかくの釣りたての魚たち、命をもらったので、責任持って徹夜で捌きます。
PA0_0083.jpg

そして数々の料理になりました。
PA0_0095.jpg PA0_0098.jpg PA0_0105.jpg
釣りを含めて丸二日、魚たちと格闘しました(^^)!


この日は雪さんもデビュー戦にも関わらずたくさんの魚を釣りました。
こんないい日にデビューできていいなあ~。
私、船では半分以上ひどい目にあってるんだけどな~(笑)

でもこれで味をしめてしまったようです。
「先輩っ!私仮入部から本入部したいんですけどいいですか!?」
ええ、どうぞどうぞ。

印象に残ったのは、
はじめてなので一匹釣れるごとに「キャー♪アジー!!キャー♪」と大喜びしている雪さんに、船長が「あんまり大きい声を出すと周りの船に聞こえるから・・・」と大物を釣ったと勘違いされる羞恥プレイを避けたい発言をしたのと(笑)、

釣り人には外道としてあまり歓迎されていないサバを「キャー♪サバー!」とやはり大喜びしていたのですが、そのうち「ちっ、サバか」と短時間の間に一人前の釣り人のようなリアクションになっていたのにウケました(笑)。

忍さんも帰ってきたことだし、今度は女王様3人で海に出たいですね。
そのうち人数が増えてきたら、船を仕立てたいなあー(夢)。

雪さん、監修のチャイさん、ありがとうございました、お疲れ様でした^^
【2011/06/18 05:50】 | 釣り | page top↑
| ホーム | 次ページ