FC2ブログ
撮影会 in LA

LAでの最後は雪村流緊縛初級の授業と撮影会でした。

1日かけて雪村流緊縛の基礎。
翌日はシンプルなポーズの提案、そして撮影会。




撮影会の主役は参加しているカップルの皆さん。

自分のパートナーを縛って好きなポーズを作り撮影。私はそのアドバイスや仕上げをお手伝いします。
これはすごく楽しかった!
私の緊縛の技術と撮影の知識、両方が活かされたいい企画!

私もカメラを。



そして最後は私がモデルのいろはさんに縄をかけ、参加者が撮影。
雪村流のコンセプトの一つである「一本縄(Ippon-Nawa)」で勝負しました。

参加した方々が写真をツイートしてくれました😊
https://twitter.com/dominatrixiris/status/843905013332164609

https://twitter.com/good_mt/status/843606370628775936

https://twitter.com/delilahknotty/status/844034124184666112


私も縛ったあとにコンパクトデジカメで一枚だけ撮影。

縛り・撮影: 紫 春晏
モデル: 紫月いろは

最後に足元で震えるいろはさんを見ていたら突然感動と感謝の気持ちがブワッと押し寄せてきて涙が出てしまいました。
人を縛って泣くなんて初めての経験でした。
いろはさんも泣いていて、会場の皆さんも涙、だったそうです。
不思議ですね。縄一本の世界なのに。

通訳さんが「ナニー!どうしたの!いろはがむらさきを泣かせたのー!?」と叫んで笑いに変わりました😊😂



最後に皆さんと。

怒涛の一週間が終わりを告げました。
雪村先生のことや雪村流の技術や考え方のこと、多くの方に指導し伝えるということ、人の「気」について、自分の好きな縛りのスタイルについて、人に見せるということ等、、、

このLAワークショップを通じて考えることや気づくことが多くありました。
ワークショップの会期中も反応を見て内容を変えたり、そのためモデルのいろはさんや通訳さんや主催の方にも沢山ご協力いただきました。

そして、ものすごく手応えを感じることができました。
本当に、参加者の皆さんの「気」がすごかったんです。
沢山の人の嬉しい楽しい気、知的好奇心が満たされウキウキした気を一身に受け取ると、自分もアドレナリンが出て高揚しこんな感じになるのかと、驚きました。

もしかしたら私の今後の人生を変えるかもしれない体験を、沢山しました。

本当に皆さんのおかげです。


大変だったけど(笑)!


雪村先生は、70歳になったらもう海外は行けないだろうからその時はお前が行け、と仰ってました。

予定よりだいぶ早くなってしまいました。
先生には満足してもらえたでしょうか。


一回り大きくなって、また新宿に舞い戻ります。
いつも通り、飄々として、マゾ達と戯れようと思います。
【2017/03/22 19:06】 | 2017 MAR LA Yukimura-ryuu WS | page top↑
| ホーム |