FC2ブログ
雪村流縄遊戯を伝承する
先日、我々の緊縛の師匠である雪村春樹先生の縄遊戯のやり方、考え方を受け継ぐ三名で、先生が亡くなったあと初めて顔を合わせました。


飛室イヴさん。
プリンセスローズ女主人。
そしてショーパフォーマー。
SM業界の大先輩。
私と雪村先生を引き合わせていただいた方です。

荊子さん。
長年女流緊縛師としてご活躍されているこちらも大先輩。
私がデビューした15年前、すでにスナイパーイブで緊縛を教える連載ページをお持ちだったかと記憶しています。

そして私むらさき、と。


私たち三名が雪村流縄遊戯を教えても良いと先生に認められた雪村流指導員です。


先生が亡くなられて早一年。
雪村先生は雪村流が残っていくことを望まれた。
では、どうしていきましょうか?

そんな話をしました。


イヴさんはSMバーやショーの舞台、荊子さんは写真や映像、私はプロドミナとして密室でと、それぞれ別々のフィールドで活動しているわけですが、

違うからこそ培われたノウハウもあるでしょうし、
生前我々が教わったそれぞれの技術や知識をまとめることも大事かもしれません。

もちろん、それを伝える具体的な方法も。


相手とのコミュニケーションを主とした緊縛法は他にはないでしょう。

女の苦しい顔は見たくないと先生は言いました。
先生はご自分の緊縛を「縄奉仕」と呼びました。

先生の縄は、北風と太陽の、太陽みたいな縄でした。

「まいった」と言わせる方法は痛みや苦しさだけではないと、先生の縄は教えてくれました。


私たちは先生の緊縛が好きだったので、先生についていきました。
縛り手だけでなく多くのモデルさんからも慕われていました。
そういう縄だったということです。


雪村流縄遊戯が、なくならないように。


技術や考え方を受け継いだ私たちが、なんとかかんとか、やっていきたいと思っています。

「おまえたち、死んでからやるんかーもうちょっと早よやって欲しかったわー」
と先生のボヤキが聞こえてくるようであります(笑)


ぼちぼちやりますんで、温かく見守っていただけたらと思います。


紫 春晏
(Murasaki Haruan)
【2017/04/14 01:16】 | 雪村流の縄修行・縄談義 | page top↑
| ホーム |